たーくパパの育児ノート

仕事と育児で疲れ果て、うつになった自分を治療するブログです。

うつ日記②自殺願望について

今回の内容はヘビーです。辛い気持ちを綴っているので、読みたくない方は読まないで下さい。

 

 

 

以下の記事は睡眠薬が見つからず辛い気持ちの中朝7時ごろ書いたものをそのまま載せています。お見苦しいでしょうが、同じように苦しんでいる人の支えになればと思い掲載します。

 

 

自殺。気をつけないとついつい自殺について考えてしまう。死にたくない気持ちはあるのについつい考えてしまうから仕方がない。死ぬなら綺麗に死にたい。睡眠薬では救急で助けられてしまう。人に迷惑をかけないで死ぬ事は出来ない事に気がつく。周りにもトラウマレベルの体験だろう。だから死なないように気を付けている。生きていたいと思う。生きていたら楽しい事もあるかもしれない。生きたい気持ちと死にたい気持ちの間にいる。睡眠薬が見つからず朝まで眠れなかった。今は朝の7時。夜中に1時間散歩してみたけどだめだった。妻ととお互いの気持ちをぶつけ合い、理解は難しいと思った。でも思っている事を言い合えて良かったと思う。納得して話し合いを終えたから良いと思ったが、妻が前からずっと我慢してるという話が頭に何度も何度もよぎる。あれやってくれてないこれやってくれてない。それはそうだろう。俺も全く同じ事を妻に思っている。うつの人と言い合いをするのはあまり賢明とは言えないようだ。希死念慮から悪化している。人生に楽しみが見出せない。これから先に生きていて何か楽しい事があるのだろうか。楽しい事がなかろうと自殺して周りにトラウマを植え付けるような事はしたくないと思う。気を付けなければいけない。うつは自殺しなければ必ず治る病気なのだから。うつが治った後に希望がないと思うが、それはうつが治ってから考えた方が良いだろう。とにかく自殺してはいけない。私は自殺しない。そもそもこんなに自殺について考えてしまうのは眠れてないからだ。えりこと秋平が起きたらすぐに睡眠薬を飲んで寝よう。まだ起こしたら大変だ。朝早すぎる。ここでえりこに嫌な顔の一つでもされたらいよいよ自殺したくなる事間違いなし。そう思うと俺にとって妻は心の支えなんだなと思う。でもそうしない方が良いのかもしれないとも思う。危険だ。とにかく自殺しないようにしなければ。自殺したいぐらい辛いという自分の気持ちを認めて受け入れよう。これが回復期にくる自殺願望なんだ。これを乗り越えれば一つの希望が見えるかもしれない。また美味しくご飯が食べられるようになるかもしれない。いつからだろう。以前より食事が美味しく感じなくなっている。無理して食べようとしているところがある。これは良くない。無理は良くない。自分の身体を大切にしよう。気持ちも大切にしよう。首は痛いけど頭は痛くないし腰も痛くない。前より状態は良くなっている。頭だって前より随分働いているじゃないか。大丈夫。必ず良くなるよ。だから自殺しない。

 

そのご8時になり睡眠薬はゴミ箱から見つけ出し飲みました。すぐに眠れて3時に起きて気分はすっかり良くなっていました。

 

うつの回復期の自殺願望は考える力があり、より危険度はまします。でもその日を乗り越えたらきっとまた見え方が違う人生があります。

 

うつは自殺しなければ必ず治る病気です。

 

自殺したいという感情は受け入れつつ、自殺したいくらい辛い自分の気持ちを認めましょう。

 

自殺すると人は生と死の間にいて揺れ動いてます。そしてそれはうつの症状だからかもしれませんよ。そしてうつは必ず治る。そう信じて明日に託しましょう。

乳腺炎には桶谷式

連続の投稿ですが、妻の乳腺炎は桶谷式の治療により良くなりました!

 

病院等も3箇所ほど行きましたがどこも効果なく、ネットで言われてる治療も様々やりました。

 

でも効果てき面だったのは桶谷式の乳腺治療です。

 

乳腺炎で悩んでいる人はまず試すべきだと思います!それだけを言いたくて記事を書きました。

 

どう良かったかなど詳しくはもう少し元気になったら書こうかと思います。

自分がうつだと気が付いた

随分久しぶりの投稿になりました。

全く更新してないのに毎月見てくれてる人がいて嬉しいです。

 

そして今日のタイトルにある通り、自分は鬱になってしまいました。

 

春にヘルニアになり、少し良くなったところで無理をして首の痛み、耳鳴り、頭痛、腹痛、倦怠感、下痢に悩まされるようになりました。酷い時は電気を消す事も出来ないほどの倦怠感がありました。

 

大腸の病気を疑い、家族が検査入院を勧めてくれて一泊してきました。

 

まだこれから大腸検査を後日する予定ですが、その一泊で鬱を患っている事を自分で認めることが出来ました。

 

二ヶ月前からもしかしたらと気が付いていましたが、認めてしまったら悪くなるような気がして怖くて、認められませんでした。

 

転職して農家になり。育児と慣れない仕事で随分と無理をしてしまいました。仕事を教えてくれる妻の叔父やお祖父さんにも気を遣いすぎて疲れました。

 

妻や子供が体調を崩し、それを看病して二人が良くなる頃に自分が体調を崩すのを2年半続けてきました。

 

今は自分を見つめなおすためにこのブログを書いています。

 

認めてしまったら悪くなると思っていたうつ病も、むしろ少し楽になりました。うつ病を治す事に意識を集中する事が出来るようになったからだと思います。

 

妻は体調が安定して僕の病気の事もよく理解し、凄く協力してくれています。本当に感謝。

 

二世帯住宅で母屋に住む父や母や兄にもかなり手伝ってくれています。癖の強い人達なので精神的な負担になる事も多々ありますが。

 

今の悩みは薬を使うかどうかということ。近くの病院に精神科があるんですが、もう80後半のおじいちゃんがなんかもごもごしてて全然信用出来ない!

 

他の精神科は遠いし、今の自分の体力、精神的に遠い病院はきついし。悩みます。

 

自分を見つめ直すためにも時々更新していきます。

 

うつについて理解の深い方がいればアドバイスとしてコメント頂けたら嬉しいです。

赤ちゃんにぴったりフィットするベビーバスを見つけました!!!

こんにちは!少しずつ過ごしやすくなってきましたね。私たちが住んでいるところでは河津桜が見頃を迎えています。

 

今日はこれからベビーバスの購入を検討している方や新生児の入浴で困っている方にお伝えしたいことがあります。

 

新生児の入浴って難しいですよね。赤ちゃんのお肌はつるつるでよく滑るのに、ベビーバスが大きいから片手で赤ちゃんを支えてもう一つの手で洗わなくてはいけません。首も座っていないからそこにも気を付けなくちゃいけないのに赤ちゃんはじっとはしていてくれませんからお風呂の中に落としそうになることもあるでしょう。

 

そもそもベビーバスって高いです。アカチャンホンポで見たところ安いタイプで2000円。一か月過ぎれば親と一緒に入れますから使用期間はたったの一か月。次の子供にとっておくにしても大きいから収納にも困ります。売ろうと思っても送料が高くついてしまいます。

 

そこで紹介したいのがこれ!

 f:id:takupapablog:20170314104519j:image

ニトリとかで売っているランドリーバスケットです!500円程度で入手可能とベビーバスよりぐっとお安く手に入ります。軽いので持ち運びも楽々です。洗面所でもシンクでも良し!場所を選びません!

 

最初は少なめにお湯をいれてください。そうすると赤ちゃんは底にお尻をつくことが出来ます。お尻と背中がついて足も伸ばせないので体が安定します。この姿勢はお腹の中にいたころと同じ姿勢なので安心できます。うちの子は病院でベビーバスを使用した時は毎回大泣きでしたが、家ではこれを使ったので泣きませんでした。

 

体が倒れないように支えるだけなので力もいらず、楽ちんです。ちなみにうちの子は3500gで生まれましたがこんな感じで全然きつくありませんでした!

 

f:id:takupapablog:20170314104458j:image

 

体を洗う時にもランドリーバスケットの柔らかさが生きてきます。少し力を加えて楕円形になればスペースが生まれて赤ちゃんの体が少し伸びます。こうすると膝の裏やそけい部等洗いにくい所もしっかりと洗うことが出来ます。

 

この形が少し変わるっていうところが使いやすいポイントです!

 

我が家の子供はもう三か月になったので今は洗濯カゴとして活用しています。皆さんも是非使用してみてくださいねー!

乳腺炎に効果あり!ごぼうの種のお茶!

乳腺炎の記事で大切な事を書き忘れました。

ごぼうの種を煮出した物が乳腺を広げる効果があります。

 

ネットで調べると出てきますね。昔から漢方薬として使用されてきたそうです。正式には牛蒡子(ごぼうし)と言います。

 

f:id:takupapablog:20170121215140p:image

アマゾンにて500gで1700円でした。

 

僕も煮出した物を飲んでみたんですが、、、

めちゃくちゃ苦い!!!香りは悪くないのでお茶を飲むように飲んでしまってびっくりしました。

 

冷やすと苦さは少し薄まりますので飲めるようになるそうです。苦そうですが。

 

それでもうちの妻は飲んでいます。偉いです。苦くても藁にもすがる思いで飲んでるって感じです。

 

これが効果ありました!!二日目にして効果ありでした!母乳がさらさらになると授乳の痛みもかなり和らぐそうです。

 

乳腺炎で苦しんでいる方ぜひお試し下さい!

妻が乳腺炎になりました

出産して一ヶ月がたつころ、妻が乳腺炎になってしまいました。

 

夜中の添い乳で乳首を痛め、少しずつ痛みがましていっていたのですが、

ネットで検索するととにかく赤ちゃんに飲ませるのが良いとのこと。

 

その情報を信じて妻は強い痛みに耐えて授乳しました。

 

しかし一向に良くなる気配はなく、むしろ痛みが強くなっていきます。

 

朝9時ごろ、乳首の先が一部白くなっていることに気が付きました。

 

調べると白斑というものらしいです。母乳の出るところが詰まってしまい、膜ができて、そこにたまった母乳によって白く見えるとのこと。

 

みるみる乳房が固くなっていき、サッカーボールのようになっていきました。

 

もはやこの時は体を少しでも動かすと強い痛みを感じているようでした。

 

妻のお母さんの知り合いに母乳マッサージができる人がいるということで電話をしました。

 

すると今日来てくれるとのこと!しかも予定を変更して早く来てくれるとのこと。

 

乳腺炎は初期対応が早ければ早いほど良いそうです。悪化させてからだと治りが良くないんですね。

 

何も食べてはいけないとも言われました。食べると母乳が作られて乳腺炎が悪化してしまうからでしょう。

 

来てくださったのは70歳くらいのおばあちゃん。優しそうな雰囲気で笑顔が素敵な方です。

 

もはや僕には神様が来てくれたように感じました。

 

一秒でも早く妻を見てほしくて急いでお通しすると、赤ちゃんを見てるではありませんか。

 

「いやいや赤ちゃんは今なんでもないんですよ。そういうのは後で良いのでまず妻を見てください!」と心のなかでつぶやきました。

 

しかも妻に赤ちゃんがお腹のなかでどういう風に過ごしていたかをとつとつと話し始めるんです。

 

「そんな話はどうだっていいんです!!早く妻を見てください!!」と心の中で言いましたが、失礼があっちゃいけないかと思い、押しとどめました。

 

ですが話を聞いているとお母さんが乳腺炎になると赤ちゃんにもトラブルが発生するんですって。

 

良かった何も言わなくて。

 

うちの赤ちゃんは便秘になっていました。

 

神様は赤ちゃんのおなかをマッサージするとともに、おしりから綿棒を差し込みました!

 

こうすると赤ちゃんが飛ぶような勢いでうんちが出る時もあるんですって!

 

ほんまかいな。と見ていると・・・・ぶりぶりぶりー!とまぁ音の割には大した量ではありませんでしたが、そこそこ出ました!

 

そうして赤ちゃんを落ち着かせることでマッサージも落ち着いてできるんですね。

 

触れるだけで強い痛みがあるようでしたが、神様は加減をしながら優しくマッサージをしてくれました。

 

乳房全体のマッサージをして、乳輪を親指と人差し指で挟み、絞り上げる。こうすることで母乳が出てきます。

 

すると最初はじわっとしか出なかった母乳がぴゅーぴゅーで始めました。空飛ぶ母乳です。

 

妻も前から自分で搾乳をしていましたがぽたぽたとしか出なかったのに!

 

さすが神様です。見事な手腕!母乳が溜まっているところも触るとわかるそうです。

 

僕も出来るようにならねばとやり方を教わりました。

 

通常、乳腺は10本以上出るそうで、しっかり開くとシャワーヘッドのようにその10本の乳腺からぴゅーーーーっと出るそうです。

 

しかし妻の乳首から飛ぶように出るのは1本だけでした。

 

さらに妻の乳腺はねじれがあり、詰まりやすいそうです。そういう人もいるんですって。

 

乳腺炎の予防で大切なのは食べ物!冷めたら固まる油(豚肉、牛肉、鳥の皮)は食べてはいけません。

 

食べて良いお肉は鳥の胸肉。最近になって僕たちも分かったことですが、胸肉も野菜などと比べるとやっぱり詰まりやすいそうです。

 

後はねっとりした食べ物(お好み焼き、カレーなど)

 

実はこの乳腺炎になる前日の昼にレトルトカレーを食べていました。そしてその日の夜は天ぷら。

 

今だったら絶対に食べないものです。

 

母乳がねっとりしている(白色)と詰まりやすい上に、授乳の時に痛みが強いです。

 

さらさらな母乳(うっすら白色でやや澄んでいる)だと痛みは強くないそうです。

 

2か月になる今になり、ようやくさらさらな母乳が出てくるようになりました。

 

うちの母が乳腺炎のレシピをいろいろ工夫して、胸肉の料理や、お魚料理、豆腐ハンバーグ、こんにゃくステーキ等々作ってくれましたが、結局は粗食が一番よさそうです。

 

ご飯を沢山食べておかずはお魚を一切れとお野菜とお味噌汁。おかずの食べ過ぎは良くないですね。

 

神様はこの日、3時間以上マッサージを根気よく続けてくれました。

 

次の日も3時間マッサージ。その後は妻が痛くなったタイミング(一週間に一回程度)来ていただきました。

 

僕も教えていただいたマッサージを痛みがある時は2時間、3時間と時間をかけてマッサージをしました。

 

素人の僕がやっても少し良くなるようです。しこり(母乳の溜まる箇所)もわかるようになってきました。

 

乳腺炎の痛みは周りの方に理解して貰い辛いです。乳腺炎の程度が人によって様々で「私も乳腺炎になったけどがまんしたわ!」なんて言われちゃいかねません。

 

乳腺炎の程度が人それぞれであれば、痛みの程度も人それぞれ。それを一緒くたにしてわかった気になって欲しくないですよね。

 

うちの母もその口で最初は「バランスよく食べてれば大丈夫よー!」と気楽なもんでした。今はちゃんと理解してくれています。

 

乳腺炎で苦しむ人のブログを見てその大変さが分かったようです。

 

つわりの辛さも、陣痛や出産の辛さも人それぞれ。それを強く感じます。わかった気になるのが一番危ないですね。福祉の仕事に通じているものがあるなと思います。

 

そして皆さんに知ってほしいのは母乳マッサージをしてくれる人の存在。

 

乳腺炎や母乳のことで悩んでいる方は「桶谷式乳房管理法研鑽会」というHPを調べてください。

 

僕たちを助けてくれた方は桶谷式の方ではないのですが、研修は受けたと言っていました。

 

もしくは市役所などに問い合わせても紹介してもらえるかもしれまんせんね。

新生児から脱おむつ!?おまる使用

妻が新生児からおまるでおしっこをさせるやり方を調べたので実践しております。

まだ帝王切開の傷が痛むため、これはもっぱら僕の仕事です。こんなん出来るかなぁ?ダメでもやってみるかーという感じでした。

 

しかし2回目にして成功!!!抱えながらおまるにおしりをあてて

「しーーーーー」

ってやったら出ました!!本能的に伝わるものなのでしょうか!このおまるにちょろちょろ出る感じが楽しい!!

成功したら嬉しいです!

何回かやってみてコツも掴んできました。

 

①排尿間隔

うちの子はだいたい2時間おきにおしっこがでます。出てるかな?とチェックして出ていなかったら座らせてみるって感じです。

②本人の合図

おしっこをする前に赤ちゃんは泣いて教えてくれます。(教えてくれない時もあります)

もぞもぞして「あーーーーー」って泣いてるのにおむつが綺麗だったら座らせてみてます。

 

ですが出ないこともよくありますし、おまるの当て方(抱き方)が難しくて、よく泣いちゃいます。

 

脱オムツさせなきゃ!と思ってやってるわけじゃないので、一日二、三回くらいしか使ってません。時間がある時にやるのが良いなと思ってます。

 

ホーローのおまるをネットで買って使っているんですが、商品説明に「おまるとして使用した後はガーデニングでお花を飾るのにも使えます」と書いてありました。おまるをガーデニングで使う!!これは…無駄がないですね 笑

 

使用しているおまるです↓

f:id:takupapablog:20161207143855j:image

 

うちは布おむつも使っていますが、やっぱり紙おむつの方が楽です。なので、日中は布おむつ、夜間は紙おむつと使い分けています。無理しないでいきたいなと思ってやってます。

それではまた!